一戸建てで夜が怖い3大原因を解決します

一戸建ての夜って怖いですよね。45歳のおっさんになっても、こわいものはこわいです。

くじらいも夜怖いものランキング

第一位 なんやかんや言っても 「人」

5.0
第二位 虫や多足の生物(エアコンから落ちてきたゴキブリや天井に張り付いたムカデ) 4.0
第三位 おばけや幽霊 (見たことないですが・・・) 3.5

特に一人暮らしをしている時に、夜中読書をしていると、なんか天井がバキっと音がする時がありますよね。

その時びびり倒して、「おるん知ってるぞ!お前、今出て行ったら許したるから出ていけ!」って、霊感のないくじらいもですが小声で叫んだものです。

その他にも夜はなんでも過剰にこわく感じるように人間はできています。

今回は一戸建てブログなので一戸建てというキーワードを入れてますが別に一戸建てでなくても怖いものを選んでいるので、マンションや公団の方もぜひお読みください。

一戸建ての夜は怖い 原因は

怖いもの

大体、世間一般のこわいものはくじらいももこわいので共感していただけると思います。

ゴキブリ、巨大くも、ムカデなど多足生物がなぜか夜に出現する

僕が独身時代、某離島に着任していた際、電源も入っていないのに、エアコンの室内機のルーバーの部分(冷風が出るところ)からゴリゴリと不思議な音がした。

エアコンの下でルーバーを開けて覗いているとポトッと何かが顔をかすめてパーカーのフードの中に、落ちてきたことがあり、でかいゴキブリがパーカーから出てきたときの恐怖はいままで経験したことのない強烈な体験でした。

うぎゃーっと人生で出したことのない声を真夜中のワンルームマンションで叫んだことが記憶に新しいです。

それから虫や多足系が苦手になりました。

真夜中に不審者が庭にいたことがあるから

高校時代、夜に実家で真夜中にタモリ俱楽部を見ていて、なぜかカーテンを少し開けて庭を眺めると、人影が見えた、電気をつけると見たことのないおっさんが庭を歩いていた。

何が起きたか一瞬理解できずボケーっとおっさんを見ていると、「ボールが入ってしまって・・・。すいません。」と出て行った。

我に返り、親をたたき起こして、警察を呼ぶということがありました。

今思うと、コソ泥か強盗かだろうか?めっちゃ怖い体験でした。

オバケがこわいから(見たことないけど)

これはたまに見える(見えるふりをする)人がいるから困るのです。

対策

相手が嫌がることを徹底的に実施することが大切です。

ゴキブリ、巨大くも、ムカデなど多足生物の対策

ゴキブリは出ないように掃除やゴキブリキャップ的なものを配置、燻煙をする。それでも出てきたら、スプレー攻撃をする。見つけたら即退治する。巨大くもは外に出す。ムカデは熱湯をかける。どうしても怖い時は電気をつける。

※エアコンの室外機近くにあるドレンよりゴキブリが侵入するようです。これをつければごきぶりを防げますので、僕のように顔をかすめてパーカーのフードにゴキブリの侵入を防げます。下にリンク貼ってます。

不審者対策

  • 庭に踏むとジャリジャリと大きな音がでる石を敷き詰める。
  • 踏み台になるような物は置かない。
  • センサーライト、防犯カメラをつける。
  • 家を空ける時、寝る時を知らせないために外から見えやすい部屋の電気をつけておく。
  • 窓の下部にストッパーのような第二の鍵をつける。
  • どうしても心配なら電気をつける。

これに関しては完全に命にかかわるので少しでも怪しければ警察に連絡しましょう。

おばけがこわいから(見たことないけど)

おばけはどうやら明るいところが苦手なようです。

どうしても怖い時は家中の電気と、テレビをつけっぱなしにする。

暗いところをつくらない。

マイホーム購入の無料FP相談なら【住もうよ!マイホーム】を利用して余裕のある住宅ローンを実現しよう! もぜひお読みください。(青字をクリック)

まとめ

結局、電気をつけることが有効ということになりました。

でも電気はあくまで最終手段です。

虫に関しては、普段から清潔な状態を維持することですね。

一番怖いのは人です。自分のパーソナルスペースに知らない人が入ってきたら最大限の警戒をしましょう。

おばけはみつけてもどうしようもないのでほっておきましょう。(見たことないけど)

とにかく困ったことがあれば生活の110番に相談しましょう。きっとあなたのお役に立てるでしょう。

最新情報をチェックしよう!